外壁材選びのポイント

外壁材選びのポイント

色を変えるだけでも印象がガラリと変わる外壁は、まさに住宅の顔といえます。それゆえに外壁材選びには慎重に考えています。それぞれの外壁にメリットとデメリットがあることを知っておく必要があります。
 私たちが住宅で良く使う 外壁材は、大きく分けて
・窯業系サイディング
・金属系サイディング
・カラーGLから造りだす角波
・ポリマパネル(樹脂サイディング)
の4つに分けられます。

紹介とポイントを外壁選びの参考にしていただければ幸いです。

endosyacyo

窯業系サイディング

isii006
外壁材紹介

窯業系サイディングは、見た目もごつごつと重量感あふれてレンガ調、石柄、木目柄など本物と比べても見落ちしない外壁材です。サイディングの留め方は金具留めが主流で外壁内での通気工法が獲れるので下地も長持ちします。写真はニチハVシリーズです。

外壁材ポイント

日当たり風当たりの良い西側、弥彦山側からの住宅面はコーキングの硬化、亀裂、破断が起こりやすい立地条件の住宅もあります。10年くらいを目安に塗り替え工事をお勧めします。外壁材の寿命が違います。

金属系サイディング

CIMG2963
外壁材紹介

金属サイディングには各メーカー共に最近ではデザインも良くなり、深堀タイプなどと見た目も良くなってきました。新潟の気候に適した外壁だと思います。表面には、GL(ガルバリュウム鋼板)裏地には断熱材が張られています。

外壁材ポイント

 寒冷地に強く、雨おもはじいてしまう金属材ディングの表面のGL(ガルバリュウム鋼板)にも住宅の形状などで汚れが溜まるヶ所には白錆びのでるおそれがあります。玄関ポーチ、軒下、出窓の下など雨の当たらない部分には可能性があります。なので年に2回くらいの外壁のクリーニングをお勧めします。水を掛けるなど、汚れが多い部分には薄くした中性洗剤でやさしく落として下さい。高所作業は専門業者に任せてください。

カラーGL(ガルバリュウム鋼板)

aa01
外壁材紹介

カラーGLから造りだされる外壁は、角スパン、角波、角波裏押し、波板、リブ波などが上げられる。昔から使われている形状で鋼板一枚ではあるが、寿命も長い上に最近は材質の精度も上がりコストも安い事から、また新築でも使われています。写真は角波裏押しタイプです。

外壁材ポイント

金属系サイディングと同様に材質がGL(ガルバリュウム鋼板)のため、雨の当たりにくいヶ所のクリーニングが外壁材の寿命を確実に伸ばします。お盆やお正月前に行う大掃除に組み込んでみてはいかがでしょうか。

ポリマパネル(樹脂サイディング)

pori
外壁材紹介

カナダでのシェアは70パーセントを占めている外壁材で、寒冷地に強く品質保証がなんと30年付いています。そこは、かなりの魅力です。基本的に外壁のカバーリングに使用します。基本的にコーキングを使用しない仕上がりは、塗装工事をするくらいの感覚で外壁の化粧板として理解して頂くと幸いです。

外壁材ポイント

柄の少ないポリカパネルは、単色なので色分けなどしてアレンジが出来ます。ポリカパネルに触った感じが、柔らかいので従来の外壁のイメージとは異なります。でもやはり品質保証が30年というのがかなり大きいと思います。

遠藤組のサイディングリフォーム施工事例

  • 会社案内
  • スタッフ・職人紹介
  • 施工事例紹介
  • お問合わせはこちらから
  • お見積りはこちらから